記事を検索

今までありがとうstage6

2008/02/28 12:12

コメント (14)  トラックバック(0)

2008年2月28日でstage6が終了します。今の状況でもとても考えられないようなHD動画が置かれていたり、一部活気づいたMADコミュニティなどもあり、普通に見る分でも十分楽しんで利用していました。ついでに私のブログでも動画を置くのに利用していました。やはり回線コストがとんでもなかったようで終了とのことですが今までありがとうございました!stage6という時代をあまりにも先取りしすぎたサービスがあったことを私は忘れません。

で、私のブログに置いてあったstage6の動画は全部coreserverに移してあり、普通に閲覧できるようにはしてあります。リンク先はstage6ですと書かれているままなのでおかしいところがありますが・・・。まぁstage6に置いてた動画はゲーム系がほとんどで見てる人が少ないのはアクセス解析を見てわかっているのですが、せっかく興味がある人がポチっと押してデッドリンクほど腹が立つことは無いかと思いますので。

続きは駄文で、stage6の移転先にzoomeにしようとしている人や、それを利用して思った私の考えなどなどです。


エビフにゃイは今後動画をどうするのか

今後は何か動画を公開するときは自分が借りているcoreserverに置くか、たぶん利用しないと思いますが軽いものでしたらzoomeを利用するかと思います。

利用しないという理由の1つ目はcoreserverの転送量制限と容量にまだ余裕がある(今で1日2G程度で月150GまでOK)からです。プログレッシブダウンロード出来る形式の選択で、x264で圧縮したMP4はswf上で表示できますし、wmvで圧縮してWMPでページ内に表示することも出来ますので。ですのでcoreserverがパンクしそうになったら考えます。
2つ目はstage6のコミュニティを私が利用していなかったからです。コミュニティを利用したい場合はzoomeの選択は良いかと思います。何より日本語ですし某アイ○ス住人たちはzoomeに確実に流れていますので一緒になって盛り上げて行って動画を見てもらうことも出来るかと思います。


FLASH PLAYER 9がβの頃からこんな記事を書いたりしているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、x264+aacなMP4動画はSWF上で表示出来ます(当然FLV1とFLV4も可)。で、そのサンプルが下です。

パンヤでサンプル!x264+aacなMP4をSWF上でプログレッシブDL

x264 --crf 20.0 --scenecut 75 --level 4 --keyint 300 --min-keyint 1 --bframes 12 --bime --b-rdo --b-pyramid --weightb --direct auto --analyse p8x8,b8x8,i4x4 --8x8dct --trellis 2 --cqm jvt --qpmax 32 --qpmin 12 --qpstep 6 --subme 6 --ref 3 --mixed-refs --ipratio 1.70 --pbratio 1.50 --no-deblock --no-fast-pskip --threads auto --thread-input --progress --sar 1:1 --no-dct-decimate --no-psnr --no-ssim
※seraphy氏のx264.736.release10を使用。アベレージビットレート2.3M


これはJW FLV MEDIA PLAYERというものを使っていて、私が作ったプレイヤーではありません。これを使えば簡単に自分のサーバーからx264+aacなMP4動画をWEB上で表示することが出来ます。また、JW FLV MEDIA PLAYERには複数の動画を管理する機能などもついていて大変便利です。

HTML部分に張る機能部分についてはこちらのSETUP WIZARDで作成することが出来ます。指定している項目の意味を知りたい方はこちらを読むのが良いかと思います。JavaScriptで制御する場合はこちらを読むとどのようなことが出来るのかわかると思います。一番手っ取り早いのは私のサンプルページのソースを見て自分の環境に合わせてみることですが。
ただちょっと注意点があり、サイズを指定するときにプレイヤー部分の大きさも含むのでドットバイドットに表示したい場合は動画の縦サイズ+20px長くして指定してあげてください。


みんなが気にするzoomeは

zoomeには当然ながら制限があります。まだzoomeそのものが機能拡張を続けているので仕様変更することもあるとは思いますが、そういった制限はzoome wikiを読めばわかります。今後仕様が変わる可能性もあるのでこの記事では詳しく書きませんが再エンコードしないで映像と音声を合わせて1.5Mのビットレートを使用できるので困る人は少ないと思います。この制限で困る人は、自分でどこかのレンタルサーバーを借りるなり自分で構築するなりしてやれば良いと思います。で、私もやってみてこんな感じになりました。

パンヤでサンプル!zoome版

coreserverに置いてあるのは800x600で60fpsのままなのですが、zoomeのほうはさすがにそのまま置くのは何なので640x480の30fpsにしておきました。音声もLC-AACからHE-AACにしておきました。というか1.5Mもつかえるので音声をケチってHE-AACにする意味も無いんじゃないかと思いますけどw
全然見れるレベルですね。激しい動画はビットレートが足りなさすぎて破綻するのも出てくるでしょうけどそこはサイズやx264のオプション部分を工夫するしかないと思います。というわけで以下ry


せっかくだから・・・

zoome wikiを見れば一応初心者の人でもx264にエンコード出来るようになっていますが、私はこの気に挑戦する全ての人にAVISYNTH+x264な環境でやることをお勧めします。meGUIを使うのでもOKですが。はじめての挑戦の人でも手順を教えながらやればちゃんと出来ましたので。

この環境で挑戦することが出来るかの最初の選択肢
まずAVISYNTH wikiを見ながら2-2まで進めて下さい。やっていることはインストールの手順解説と、VirtualDubModを使い開くところまでです。2-2まで終えた人はx264+AVISYNTHに挑戦することが十分可能です。


アプリケーション類をダウンロード
続いて必要なアプリケーション類ですが、こちらのように全て同じフォルダ内に置いてください。
x264本体のお勧めはseraphy氏ビルドのx264で、AVSから音声のwavファイルを抽出するのに便利なavs2wav、MP4コンテナをコントロールするmp4box(-devとついてるのはお勧めしません)、音声をAACに圧縮することが出来るneroAacEncをダウンロードして下さい。


最低限のサンプルBATを見ながら進めていく
AVSファイルでAVIを開いたり、その他よくやる作業部分のサンプル
詳しくはAVSの中を読んで下さい。AVISource("H:\movie\aaa.avi")の「H:\movie\aaa.avi」を自分が開きたい動画のパスに変えてください。そして上記AVISYNTH wikiの2-2まで進めたのでわかっているとおもいますが、VirtualDubModでAVSファイルを開いてください。動画が開けたら成功です。
その他よく使いそうな最低限の、範囲指定、フレームレート変更、リサイズとクロップ、黒縁追加のサンプルが入れてあります。

先ほどのAVSを元に音声のWAVを抽出する
先ほど必要アプリケーションをダウンロードしたフォルダの中にこのsample_avs2wav.bat.txtを保存して下さい。そして.txtをリネームしてsample_avs2wav.batにして下さい。メモ帖やテキストエディターなどを利用してsample_avs2wav.batを開いてください。
開くと私の書いたコメントが読めると思います。remがついてる行はコメントアウト扱いなので実行されませんのでご安心を。先ほど作成したAVSと出力するWAVのパスを自分の環境に書き換えたら保存して、BATを実行して下さい。WAVが出力されているはずです。ここでVirtualDubModでAVSをすでに開いてるのだからそこからWAV出力すればいいじゃないかと思う人もいらっしゃると思いますが、わかる人はそのように自分でやりやすいようにやってください。

先ほどのAVSを元にx264で映像をエンコードする
x264とある行の右側の--outputを、先ほどのBATの容量で自分の環境に書き換えて下さい。BATの中のコメントにもありますが、このサンプルは2PASS実行するものなので必要なければコメントに書いてある通りにして下さい。必要最低限のx264オプションしか入れてありません。BATを実行するとx264でのエンコードがはじまりサンプルの例ではx264で圧縮されたMP4が出力されます。

avs2wavで出力したWAVをneroAacEncでエンコードする
こちらの先ほど出力したwavと、neroAacEncで圧縮したAACデータのmp4のパスを自分の環境に書き換えてBATを実行してください。

mp4boxを使い、x264でエンコードした映像のMP4と、neroAacEncでエンコードした音声のMP4を合成
これで最後です。もうイチイチ言わないでもここまで出来た人ならわかると思いますが、自分の環境にパスを書き換えてBATを実行して下さい。これで完成になります。


以下は最低限から脱却したい人へ

本来CUI環境でBATを使ったりするのは手を抜きたいからという人がやるものです。上の例はイチイチ自分用にパスを置き換えなくてはいけないので面倒なので、ある程度なれたら昔書いたこちらの記事のすごい下のほうにあるオマケ以下を読んで、ファイルをBATにドラッグするだけで出来てしまう環境に書き換えてしまいましょう。そのページのサンプルはexeがあるフォルダに私がつけた名前で出力されてしまいますが、AVSがあるフォルダと同じ場所に出力したりすることは簡単ですのでBATについて調べたりすることをお勧めします。そして自分がやりやすい、手抜きに最適な環境を作りましょう。

あまり最初の段階で詰め込んで考えずに、これから挑戦する人はゆっくり覚えていくことをお勧めします。重要なのは手順ではなくて1つ1つの理解です。自分は何故これを実行しているのかわからないまま手順感覚で覚えるのはお勧めしません。私もしょっちゅう間違えて覚えたりすることがありますが間違えてもいいじゃないか!理解しようとする気持ちが大切です。

出来上がるものはx264で実行したオプションに左右されますのでx264のオプションの理解はある程度必要です。DivXやWMVなどはここまで細かなオプションはありませんのでついつい放置してしまいがちですが結果に反映される最も重要な部分ですので。そしてx264のオプションは膨大にあり、本体そのものが様々な人がビルドしているのでオプション1つの意味の解釈が違う場合もあります。私も未だに勉強中ですが結構長い道のりだと思って下さい。

続いてデインタレをしたい、逆テレシネをしたい、色調補正をしたいなどフィルタでやる部分が出てきたらAVISYNTH wikiを熟読し自分で試すのをお勧めします。ここで注意点ですが、フィルタはかける必要があるから使うものであり必要なければかける必要なんてありません。フィルタは確かに効果があるものは劇的に変わりますが、それはかける必要がある動画だったから効果があったということで、全ての動画に利くような魔法ではありませんので。


あぁまた長い記事を書いてしまった

stage6ありがとう!ではじまり何故かzoomeの最低限エンコード方法に話がそれましたがこれがエビフにゃイ専用チラシの裏クオリティ\(^o^)/

トラックバック 

この記事にツイートする(RTしたくない場合、bit.lyのURLだけあれば平気です)

コメント

RVD (2008年03月07日 19:45)

オマケ以下にあるDDAVS_avs2wavtrim.batですが、
どこか自分の環境に合わせて書き換えなければならないのでしょうか?
本記事の最低限のやりかたでは成功したのですが、DDAVS_avs2wavtrim.batにAVSをドラッグすると
'lon' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
'**' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。・・・

と続き処理が行われません
すごい簡単な事を見落としてる様な気もするのですが、解決策を教えていただけると幸いです

Di (2008年03月09日 03:50)

シャナのOP見ましたが綺麗ですね...
ニコニコSP1開始になってh.264のエンコを始めたのですがわからないことがありまして
例えばの話なのですがシャナのOPで灼眼のシャナと赤文字で出てくるシーン
自分がエンコした場合、文字の輪郭潰れ赤滲みになります。
こうなる原因は単なるビットレート不足によるブロックノイズ発生なのでしょうか?
それともエンコ設定の調整が悪いもしくはフィルターによって低減できるものなのでしょうか?
編集の際、ソース上ではそういった現象が無いのでフィルターは関係ないとはおもいますが...
VP6からこの問題に泣かされていましていろいろ試して改善されず諦めていましたが
h264はVP6に比べエンコ設定が細かくできそうなのでもしかして改善できるかもと気になってしまい質問しました。
こんなところで質問するのは場違いかもしれないですが教えていただけたら幸いです。

長々とすいません...

エビフにゃイ (2008年03月09日 14:58)

>> RVD さん
それは自分の環境に置き換える必要なく使えます。基本的にneroAacEncとavs2wavとffmpegがあれば動作でき
ます。最初は問答無用でavs2wavがドラッグしたAVS(AVIとかではなくAVSです)を元にWAVを出力するのです
が、どこまで動作しているか出来れば聞きたいです~。lonは内部コマンドうんぬんいっているのでもしかすると
そのBATの40行目の「:wavvolon」であるはずのところが「:wavvo(ここで改行してしまってる)lon」となっている
かもしれません。


>> Di さん
ぜんぜんこちらで聞いて大丈夫ですよ~。
単にビットレート不足なのが大きいと思います~(特にJOINTの最初のOPは)。512x288にして700k割いたとしても
足りるのかというのは試していないのであれこれいえないのですが。細かく改善できるかオプションをどのように
するかは実際に自分でやってみないとわからないので暇なときをみて試してみようと思います~^ω^


実は512x288という縮小しなければいけないのも問題でして、あのOPのロゴは元々文字の中で細かくグラデ
しているので色差がつぶれると思います。そこをフィルタのシャープなどで際立たせたりすると余計ひどいことに
なると思います。
一度試しに512x288のサイズのままでよいのですがビットレート指定ではなく--crf 20を指定して、--no-deblock、
を指定してx264がどの程度ビットレートを割くか見てみると良いかもしれません。その時点で赤が潰れなければ
単にビットレート不足による原因と、色差がつぶれたことによる問題になると思います。

Di (2008年03月10日 18:24)

返答が遅くなりましてすいません...
やはりビットレート不足の可能性が高いですか。
早速、試してみたいと思います。

p.s.
参考になる記事ばかりでとても勉強になります。
陰ながら応援させていただきます┃ω・)ノシ

エビフにゃイ (2008年03月16日 20:32)

>> Di さん
ありがとうございます~\(^o^)/
チラシの裏クオリティで無駄な文章が多くて読みづらいかもしれませんが、励みにしてガンバリマス!

トシ (2008年11月23日 00:06)

苦労してやっとavisynth+x264なエンコができました・゚・(ノД`)・゚・。

avisynthでaviutlフィルタ使うためのスクリプトがわかんなすぎて時間掛かりましたorz
(´-`).。oO(パスとか、ちゃんとあってたのに強制終了という謎現象)
ShowAUFInfoと同じフォルダにauf入れとけばよかったみたいです('A`)ワカメ

それと、BATファイルが中々うまく動いてくれなくて時間掛かりました・・・( ´∀`)くじけそうでしたw
x264エンコする際に「x264.exe」「x264asf.exe」を両方入れないと映像エンコのBATが動いてくれないんですが、
これで良いんでしょうか?

インタレ解除にafs使うときは「x264asf.exe」を必ず使用してくださいってseraphyさんがどっかで言ってたんですが
どうやって使い分ければいいんでしょう...('A`)

エビフにゃイ (2008年12月03日 11:38)

>> トシ さん
おめでとうございます\(^o^)/
afsを使われる際にはafs.exeの方を通さないとフレームをドロップさせることが出来ませんのでそっちを使って
下さい!通常では出ないdropとかいうのが出てスケールも120000とか出ているはずです~。
なのでx264.exeとx264afs.exeと名前を分けて、BATでは送りつけてあげるかんじになります~。
私の場合はもっとひどくバージョン名などもEXEに書かれていてx264afsore889.exeとかとんでもないことに
なっていますww

匿名 (2008年12月03日 22:24)

>>エビフにゃイさん
まず、いろんなとこで質問してすみません('A`)
もろにスケール30000になってましたorz でも出来上がりは特に気にならなかったからよかったです^^;
あとはAvisynthのフィルタの勉強だけです・・・

とらドラでのインタレ解除は、あるブログでインタレ解除2の設定が書いてあったのをパクリましたヽ(´ー`)ノ
OP・EDの文字もつぶれず、EDの並んで歩いてるシーンの波線も崩れなくて感動でしたが、自分で設定見つけられなくてモヤッとです...ww

あと最近CoreAVC Codec っていうのを知りまして、導入してみたんですが4200+なCPUでも1280x720,60fpsの動画がスイスイ再生されました(^o^)
でもffdshowのDeBandのような機能が無いのが玉に瑕ですw

トシ (2008年12月03日 22:25)

またやらかしたorz すみません・゚・(ノД`)・゚・。

エビフにゃイ (2008年12月07日 00:03)

>> トシ さん
EasyVFRでやってるかITSかにもよるのですが、fps調整がされていないかもしれません。
もしかすると自動フィールドシフト側の設定もフィールドシフトさせてないで固定しているかもしれません・・・。
スケールよりもdropが表示されて、24iの箇所できちんと破棄フレームをdropしている数字が増えているかが
確認するポイントになるかと思います~。


CoreAVCはAtomPCのサーバーで見る時に利用しています!
CPUパワーが足りませんので涙目です・・・。あれで更にdebandを効かせながら再生出来たら最高なんですけどねw

トシ (2008年12月08日 22:36)

>>エビフにゃイさん
>もしかすると自動フィールドシフト側の設定もフィールドシフトさせてないで固定しているかもしれません・・・。
AFSの設定でフィールドシフトにチェック入れてないんですが、意味あるかな・・・w
とにかくafs版使って行きます(´ー`)

avisynth用のインタレ解除はAuto24位しか使えてないんですよねw
ちょっとずつ、ここのチラ裏参考にITSに手を出してみようと思います。
wikiに「自動24fpsライク」ってあったからインタレ解除2併用していたんですが、逆に縞が出てしまって凹みましたorz
自動24fps+インタレ解除2みたいな感じなんですね(;´∀`)

エビフにゃイ (2008年12月09日 06:27)

>> トシ さん
すみません寝る寸前で書いたせいで変なことを言っています・・・。EasyVFRとかITSは、AFSとは関係ないですw
手動と自動を混在して書いてしまっていますそれは・・・。


AFSのみでフィールドシフトOFFは29.97fpsのままのはずなので、パン、スクロールでガクガクして
いるかもしれません。フィールドシフトOFFにするのはFPSを固定させるときですのでー。
AFSを利用する目的として主に24/30/60の混在状態のアニメを自動で行いたいのが大部分ですので
フィールドシフトはONにしたほうが良いです。
さすがに縞無し24とかは自動判定しようがないので、そういうのは誤爆しますが(セキレイとか)
http://www.geocities.jp/aji_0/afs.html

トシ (2008年12月09日 19:48)

>>エビフにゃイさん
EasyVFRとかITSのは大丈夫ですw自分もよく睡魔で変にごっちゃになったりするのでわかりますww

afsは絶チルだけ、試行錯誤の末フィールドシフトoffな変態設定になったんですが、やはりしないとダメというか意味ないんすね;

毎回、態々アフォな質問に答えてもらってしまって申し訳ないですorz

エビフにゃイ (2008年12月23日 21:30)

>> トシ さん
変態ではないですよー!絶チルについては基本29.97なので23.976なアニメとはちょっと事情が変わる感じです~。

Name(必須) :   Email :   URL :
名前などの情報を保存したい場合はチェック(次回から入力が省略可能になります)


左の画像の数字を入力してください(必須):

2013年1月 冬開始のアニメ一覧(2013q1) (178)
テレビを見てごらん、二次元も等身大の大きさだ! (128)
PV3 PV4でのお手軽アニメエンコード設定の話 (109)
続 アニメのTSをAVIUTLでお手軽にエンコード (45)
2009年7月期 夏のお勧めアニメ (17)